【システムキッチンの選び方】憧れのアイランドキッチンのメリットとデメリットとは


スポンサーサイト


   

誰もが憧れるアイランドキッチン

使いやすいのか使いにくいのかはよく分からないけど、

アイランドキッチンにしてみたいと漠然と憧れている人も多いですよね。

実際には、アイランドキッチンに憧れているのではなく、

アイランド型にできるほどの広さに魅力を感じているのかもしれません。

 

アイランドキッチンのメリットは分かりやすくて、

まずは複数人での作業のしやすさにあります。

しかもリビングダイニングが見えて、作業しながらご家族と談笑することができ、

奥様が孤立することなく一体感のあるシステムキッチンが実現できます。

また見た目にも格好よく、アイランドキッチンがステータスになっている日本では、

ちょっとお友達に自慢できるキッチンかもしれません。

 

対してアイランドキッチンのデメリットはまず、収納力が低いこと。

アイランド部分の上部には吊り戸棚はつかないので、ペニンシュラ型などと比較すると

どうしても収納スペースは狭くなってしまします。

次に、やはりスペースをとりレイアウトが難しくなってしまうことです。

70-80㎡くらいのマンションでアイランドキッチンにすると、

リビングダイニング部分は8畳くらいしか残りません。

アイランド型じゃなければソファもダイニングセットも置けるのに、

アイランド型にすることでかなり圧迫感がでてしまいます。

収納力のことも考慮すると、やはりアイランドキッチンを実現させるには

かなり広い空間が必要になります。

また、価格も通常のシステムキッチンよりかなり割高なので、

予算とスペースとよく相談してみてください。

あと口コミでは臭いが拡散しやすいなどの意見もありました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. berry
    大容量の収納など充実の機能が満載のトクラス・ヤマハのベリー トクラス(ヤマハ)のシステムキッチ…
  2. crasso
    TOTOで大人気のクラッソ TOTOのシステムキッチン、クラッソは、人と水の動きにこだわった研…
  3. lacucina
    超使いやすいラクシーナ【パナソニックのシステムキッチン】 パナソニックのシステムキッチン、ラク…
  4. refoms
    リフォームに最適なシステムキッチン「リフォムス」【パナソニック】 【Panasonic】パナソ…
  5. ユーロモビル
    世界中で人気のユーロモビル 輸入システムキッチンの良いところはたくさんあります。 デザイナー…
  6. miele
    ドイツのブランド「ミーレ(miele)」 日本の使い慣れたシステムキッチンももちろん使いやすく…

最近の投稿

ページ上部へ戻る