【システムキッチン】ワークトップの高さと選び方


スポンサーサイト


   

システムキッチンを選ぶ際に意外と重要なのが、

ワークトップの高さです。

ステンレスにするか人工大理石にするかなど、

ワークトップの高さも重要ですが、実は高さのほうがよっぽど重要です。

毎日の作業がしやすく、腰が痛くならないように

ご自身の体格にあった高さを選ぶ必要があります。

 

 

一般的に推奨されている高さは、

身長÷2+5cmです。

色々なシステムキッチンメーカーの推奨を見ても、

おおよそこの計算式が書いてあります。

例えば日本人女性の平均身長160cmの人だと、

85cmが適正な高さだとされています。

既製品や基準にワークトップ85cmが多いのは、

この計算式によるものです。

 

 

ただ、最近のシステムキッチンはワークトップの高さが選択できます。

つまり、85cmにこだわる必要はなく、もっと使いやすい高さに変えることができるのです。

だからこそ悩むのですが、高さを決める際には色々と確認が必要になります。

 

 

スリッパは掃くのかどうか、手足の長さはどうか。

オーブンレンジを置いたときに使いやすいかどうか。

ご主人はどのくらいキッチンに立つのか。

調理はしやすいかどうか。

シンクで洗い物がしやすいかどうか。

などなど。

確認しなければならないことは数多くあります。

キッチンの高さ選びによってそのシステムキッチンが使いやすいか使いにくいが左右されます。

そのくらいワークトップの高さ選びは重要なのです。

 

 

今までの高さで使いやすかったのかどうかをしっかりと確認して、

展示場などで確認しながら慎重に選ぶようにしましょう。

靴をはいたまま試しても意味がありません。

ご家庭で使うように試してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. berry
    大容量の収納など充実の機能が満載のトクラス・ヤマハのベリー トクラス(ヤマハ)のシステムキッチ…
  2. crasso
    TOTOで大人気のクラッソ TOTOのシステムキッチン、クラッソは、人と水の動きにこだわった研…
  3. lacucina
    超使いやすいラクシーナ【パナソニックのシステムキッチン】 パナソニックのシステムキッチン、ラク…
  4. refoms
    リフォームに最適なシステムキッチン「リフォムス」【パナソニック】 【Panasonic】パナソ…
  5. ユーロモビル
    世界中で人気のユーロモビル 輸入システムキッチンの良いところはたくさんあります。 デザイナー…
  6. miele
    ドイツのブランド「ミーレ(miele)」 日本の使い慣れたシステムキッチンももちろん使いやすく…

最近の投稿

ページ上部へ戻る